ニュースリリース

〜 空き家の駐車場をカーシェアステーションに! 〜
「HOME ALSOKるすたくサービス」とカーシェアリング「タイムズカープラス」がコラボレーション
2016年
11月
14日

ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)とタイムズ24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一、以下「タイムズ24」)は、空き家管理サービス「HOME ALSOKるすたくサービス」ユーザーへ、タイムズ24が展開するカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」のカーシェアリング車両設置のご案内を、2016年11月15日(火)より東京都の一部地域で開始いたします。



1 背景

全国の住宅に占める空き家の割合は年々増加しており、建物の劣化や周辺景観および治安の悪化を懸念する「空き家対策」が社会的課題となっています。ALSOKではこうした対策を支援するサービスとして、空き家の現場状況確認と投函物の回収・整頓等をおこなう「HOME ALSOKるすたくサービス」(以下「るすたくサービス」と表記)を2012年より開始しています。


いっぽう、昨今のシェアリングエコノミーの台頭にみられるよう、空き家を一つの資産として有効活用する試みも求められています。


このような背景のもと、「るすたくサービス」の利用を検討するお客様へ、空き家となった期間の駐車スペースを有効的に活用し、カーシェアリングの車両ステーションとするご提案をタイムズ24とともに実施することといたしました。


「平成25年 住宅・土地統計調査」
総務省「平成25年 住宅・土地統計調査」より加工

  • ※ シェアリングエコノミー
  • 個人が保有する遊休資産(スキルのような無形のものも含む)の貸出しを仲介するサービス(「平成27年版情報通信白書」より)。空き部屋を宿泊施設として貸出しする仲介をおこなうAirbnb(米国)や、ドライバー配車アプリUber(米国)が代表的。

2 サービス概要

ALSOKが「るすたくサービス」の利用を検討するお客様に対し、空き家となる期間中、駐車スペースにカーシェアリングの車両ステーションを設置するご案内を行います。お客様が興味をもたれた場合、タイムズ24が駐車スペースの調査を行い、車両ステーションの設置可否を診断※1いたします。


お客様は、カーシェアリングの車両ステーション設置による賃料収入を得ることで空き家の資産を有効活用することが可能です。また不定期に空き家へ帰宅したさいにも、カーシェアリングが利用でき※2利便性が高まります。


  • ※1 駐車スペースの形状・周辺状況により、カーシェアリング車両の設置ができない場合があります。
  • ※2 ご利用には事前の会員登録が必要となります。

サービス概要

3 サービス提供エリア

東京都渋谷区、目黒区、世田谷区、狛江市

※ 上記地域で一部、サービス提供のできないエリアがあります。


4 サービス開始日

2016年11月15日(火)


以 上

この件に関するお問い合わせは
ALSOK 広報部

mail : koho@alsok.co.jp
←戻る