ニュースリリース

りそなグループ合同のテロ対策訓練を支援
2016年
12月
28日

ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)は、株式会社りそなホールディングス(本社:東京都江東区、社長:東 和浩)が2016年12月10日(土)に、グループ同時連携(りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行)による爆破テロを想定した訓練を支援しました。


ALSOKは昨今の国際情勢を受け、テロ等の脅威に対し、安全安心な社会を目指して様々なお客様へ警備体制強化等の支援をしています。今回は、ソフトターゲットとなりうる銀行を対象に、ALSOKの海外勤務経験者の知見を生かした「訓練シナリオの作成」、「訓練状況の診断と結果レポート作成」、「テロに対する講義研修」といった訓練全般の支援サービスを行なったものです。


ALSOKでは、今回のテロ対策訓練への支援サービスをはじめ、テロ等の脅威に対し犯罪行為の予兆を検出することで未然防止を目指す「ALSOKゾーンセキュリティマネジメント®」の取り組みを開始しております。今後も、さらなる安全安心な社会の実現に向けて取り組んでまいります。


resonabank

以 上

この件に関するお問い合わせは
ALSOK広報部

mail : koho@alsok.co.jp
←戻る