ALSOKのスポーツ活動/少林寺拳法部

少林寺拳法は1947年、日本(香川県多度津)において宗 道臣(日本人)が創始した、教え・技法・教育システムによって、自信と勇気と行動力と慈悲心もった社会で役立つ人を育てる“人づくりの行”です。 「半ばは自己(おのれ)の幸せを、半ばは他人(ひと)の幸せを」の教えを実践すべく、少林寺拳法によって培った技法、精神力によって、自分のことは守れるという自信から生まれたゆとりで他人のことも考えられる、そして、悪い事には毅然と立ち向かえる人間を育てることを目的としています。

部員紹介

監督

古平 大介(こひら だいすけ)

段位:
正拳士 四段
出身校:
国際武道大学
主な成績:
全日本学生少林寺拳法大会 3位(1989年)
関東実業団大会 2位(2013年)
関東実業団大会 優勝(2014年)
関東実業団大会 優勝(2015年)
監督から:
少林寺拳法の教えのひとつ「力愛不二」とは、「力無き正義は無力なり、正義無き力は暴力なり」であり、 何かを守る為には言葉やお願いだけでは不可能であり、いざと言うときには実力が備わっていなければならない。 このことは、私たちの警備業務にも通じるものであるとともに、実力、自信と勇気をもったリーダーを育てることで 社業にも貢献できる部員を育てるとともに、各種大会等を通じてALSOKの社名貢献にも寄与出来ることを目指しています。
 

部員

中村 孔明(なかむら こうめい)

段位:
正拳士 四段
出身校:
国際武道大学
主な成績:
少林寺拳法全国大会 優勝 (2007年)
全日本学生大会 優勝(2004年、2007年)
関東実業団大会 優勝(2011年から5連覇)
少林寺拳法全国大会 2位(2015年)
 

中村 康仁(なかむら やすひと)

段位:
 
出身校:
国際武道大学
主な成績:
少林寺拳法 世界大会 優勝(2005年)
少林寺拳法全国大会 優勝 (2009年)
全日本学生大会 優勝(2007年、2008年
関東実業団大会 優勝(2011年から5連覇)
少林寺拳法全国大会 2位(2015年)
 

荒川 裕史(あらかわ ひろふみ)

段位:
正拳士 四段
出身校:
国際武道大学
主な成績:
全日本学生大会 優勝(2011年)
関東実業団大会 優勝(2013年)
 

竹市 英士郎(たけいち えいしろう)

段位:
中拳士 三段
出身校:
城西国際大学
主な成績:
全日本学生大会 男子段外(級拳士)の部 優勝(1995年)
全日本学生大会 男子初段の部 3位(1996年)
関東実業団大会 優勝(2014年)
 

石田 真澄(いしだ ますみ)

段位:
中拳士 三段
出身校:
日本体育大学
主な成績:
全日本学生少林寺拳法大会 優勝(2008年)
関東実業団大会 3位(2015年)
 

野澤 道博(のざわ みちひろ)

段位:
三段
出身:
山形大学
主な成績:
東北学生大会 優勝(2007年)
関東実業団大会 優勝(2011年)
関東実業団大会 3位(2015年)
 

一柳 康宏(いちやなぎ やすひろ)

段位:
少拳士二段
出身:
九州共立大学
 

辻口 歩(つじぐち あゆみ)

段位:
准拳士 初段
出身:
函館大学