ALSOK空撮サービス「メガソーラー向け」

空から撮れば、一目瞭然。2つの目を持つ飛行ロボットが、手軽にスピーディーに広大な施設や近接困難場所を上空からレポートします。

空撮サービスの概要

お客さまのご依頼でALSOK専属空撮隊が出動。
飛行ロボットを利用して広大な敷地の施設などを空から撮影します。

ALSOK空撮サービスは、カラーカメラと赤外線カメラを搭載した飛行ロボットを使い
専属の空撮隊が安全面に配慮しながら映像・画像を撮影するサービスです。
広大な施設の俯瞰図や大規模工事の進捗確認など、さまざまな場所、用途でご活用いただけます。

太陽光発電所における空撮サービス活用例

カラーカメラと赤外線カメラを駆使して、
ソーラーパネルのホットスポットを探査、レポートします。

発電効率の維持、故障の早期発見につながる異常温度箇所を探査。
赤外線カメラで温度の高い箇所を検出し、カラーカメラで状況確認、取得画像を用いて書面でレポートします。


ムービーが表示できない場合はこちらをご覧ください。
人力の測定に比べて短時間で効率的。設備が一定規模以上になると十分なコストメリットも期待できます。
サービス価格(例)
実施場所、実施回数、発電量に応じてご提案いたします。
2MW規模、年間1回実施の場合 155,000円~
※諸経費別途。
※1事故10億円を限度とした保険に加入しております。

その他の活用事例

・ 建設現場等の空撮
・ 橋梁等の交通インフラ点検
・ 高所の設備点検

その他の用途につきましても、お気軽にご相談ください。
ロボットシステムのお申し込み、お問い合わせはTEL03-3470-5633

「ALSOK空撮サービス」の資料請求はこちらから

「ALSOK空撮サービス」の資料請求はこちらから