防犯対策ならALSOK HOME ALSOK トップ ライフサポートコラム 家族旅行に出かける前に整えておきたい防犯対策って?

ライフサポートコラム

ライフサポートコラム|ホームセキュリティならアルソック

家族旅行に出かける前に整えておきたい防犯対策って?

ご家庭向け
待ちに待ったご家族そろっての旅行、楽しみですよね。
でも、長期の不在になると自宅のことも心配です。ご自宅を長期間留守にする場合、何に気をつければいいのでしょう?
アイコン
一番心配なのは、空き巣に入られないかってコトだよな。これは空き巣の目線で考える必要があるぞ。
長く人が留守にしている家は、なんらかのサインを出してるって言うわよね。空き巣はどこを見ているのかしら?

空き巣が侵入を企てる際、「留守であるかどうか」を下見して、事前に準備を進めます。空き巣が「長期間の留守」を見抜くのは、例えば下記のような点です。

●昼のあいだ、カーテン・雨戸・シャッターなどがぴったりと閉まっている。
●夜になると、室内の明かりがない状態が連日続き、ひと気がない。
●郵便受けに新聞や郵便物がたまっている。
●普段、車庫にとめてある自家用車が駐車されていない。
●インターホンを鳴らしたり、電話をかけたりしても応答がない。

家の外側から一見しただけでも、けっこうバレちゃうものなのね。空き巣をうまく欺くにはどうしたらいいの?

空き巣対策に有効なのは、在宅を装うこと。次に対策の一例をご紹介します。

●ラジオやテレビなどのタイマー機能を利用して、一定時間つけておく。
●照明にタイマーを設け、定刻、定間隔で一部の部屋の明かりがつくように設定する。
●郵便物の局留め扱いを申請する。
●新聞の配達を止める。
●留守番電話のメッセージは「すぐに戻る」という旨を録音する。

アイコン
ヒトの気配を出しておけばいいんだな。じゃあ、家の中にマネキンをいっぱい立てて置くってのはどうだ?
ぴくりとも動かない人がいっぱいいたら、ご近所さんに怖い家だと思われちゃうわよ。私は侵入されちゃった時のことも考えておきたいわ。
万一侵入された場合に備えて、預金通帳と印鑑は別々の場所に保管しておきましょう。貴重品、現金、貴金属、通帳、カード類を金融機関の貸金庫に預けたり、「防盗金庫」を利用するのも賢い選択です。
また、戸締りでは補助錠などを活用し、「1ドア2ロック」にできるとベスト。また、庭や裏口にバケツ、脚立、清掃道具などが散らかっていると、空き巣の足場となる場合があります。また、出しっぱなしの段ボール箱や古新聞なども放火のリスクが高まりますのでご注意を!
アイコン
空き巣も放火犯も怖がって近寄らない“マネキンの家”、いいアイデアだと思うがなぁ。
ご近所付き合いのほうが大切よ! ご近所さんが見張ってくれれば空き巣も入りにくくなるわ。これで心置きなく旅行に出かけられるわね〜♪

コラム一覧

コラム一覧
侵入被害だけじゃない「空き家」の問題とは?

更新日:2017.3.1

3月のある日。あんしん家族が何やら大騒ぎ! お父さんの転勤が決まって、マイホームをしばらく留守にしなければならないようです。住まいの手入れなどを気にするお母さんですが、問題はそれだけではありません。悪質な犯罪に利用されかねない「空き家」の問題と対策を特集します。

ためしてALSOK
“地域の絆”を活用した新発想の認知症対策を実際に体験してみました。

更新日:2017.3.15 NEW

社会の高齢化とともに、認知症を持つお年寄りの徘徊が問題となっています。そんな社会が抱える課題と向き合い、ALSOKが開発した新たな見守りのカタチ「みまもりタグ」。