防犯対策ならALSOK ホームセキュリティのHOME ALSOK ライフサポートコラム 1日に約240件の侵入窃盗が発生!「無防備」なままで、本当に大丈夫?

ライフサポートコラム

ライフサポートコラム|ホームセキュリティならアルソック

1日に約240件の侵入窃盗が発生!「無防備」なままで、本当に大丈夫?

ご家庭向け
日々報道される悪質な犯罪の数々。しかしメディアで取り上げられる事件は、氷山の一角に過ぎません。窃盗や侵入、傷害事件など、さまざまな犯罪が私たちの身近なところで起こっています。そこで今回は、防犯対策をより身近な習慣として取り入れるためのポイントと、便利で高性能な防犯グッズとサービスをご紹介します。
*出典:警察庁「平成27年の犯罪(2016年)」
いやーね、このニュース。隣町のことじゃない? 住宅街だから人目につきそうだけど、まだ犯人が捕まっていないのね…。
アイコン
泥棒? うちに来ちゃったらどうしよう。
ママ〜、学校でお友だちが言っていたんだけどね…。黒い格好をした男の人が、夕方になるといつも公園のまわりをウロウロしているんだって。
アイコン
何だか気味が悪いわね…。
アイコン
みなさん! 怖い怖いと言っているだけでは、自分の身は守れマセン。防犯意識、つまり「狙われないための努力」が大切デス。
防犯対策が大事なのはわかっていても、「何をすればいいかわからない」「お金がかかりそう」ってご近所さんたちも悩んでいたわ。
私は賃貸住宅だから、対策をするにしても原状回復がしやすくないと…。アルボ、何かいい方法はない?
アイコン
アイコン
防犯対策は、ちょっとした工夫からはじめられマス。ポイントは、犯人が「苦手なもの」「嫌がるもの」を備えることデス!
嫌がるもの? じゃー、テストと宿題、あと掃除当番!
アイコン
もう、まじめに考えましょう。アルボ、詳しく教えて。
アイコン
犯人が苦手で、嫌がるもの。それは、「あ・か・お・に」デス!
アイコン
ええ! アカオニ? 私も怖いから、嫌ーい。
犯人をこらしめてくれそうで、覚えやすいわね。でも、どうして「あかおに」なの?
アイコン
この4つのポイントを抑えれば、必要な防犯グッズなど、すぐにできそうな対策がイメージしやすくなると思いマス。

[灯り(照明)]

[カメラ]

[音]

[二重]
効果 [屋外の灯り]
威嚇と犯行の抑止
[室内の灯り]
不在を悟らせない
・威嚇と犯行の抑止
・映像など(証拠)の
 確保
・威嚇と犯行の抑止
・周囲に知らせる
・侵入を妨げる
・犯行を断念させる
犯人が嫌がる
ポイント
・犯行の発覚
・人の目につく
・監視された場所
・証拠が残る
・犯行の発覚
・人の目につく
・犯行(侵入)に時間が
 かかる
対策 ・玄関や勝手口などに
 「センサー付きライト」
 を設置する
・タイマー式の家電
 などで夜間や不在時も
 室内照明を点灯する
・暗闇に対応した
 防犯カメラを設置する
・「防犯カメラ作動中」
 などのステッカーで
 カメラの存在を
 知らせる
・物音がしやすい
 環境をつくる
・防犯ブザーなどを
 持ち歩く
・補助錠や強固なサッシ、
 窓ガラス用の防犯
 フィルムなどで侵入を
 防ぐ
 (侵入しづらくする)
防犯グッズの
一例
センサーライト
家庭用防犯カメラ
ALSOK音砂利

ALSOK音砂利
補助錠(ALSOKロック)

防犯フィルム
(ALSOKのガラスマン)
なるほど! 私は帰宅が遅くなりがちだから、あかおにの「あ」と「か」を実践してみようかしら。留守がバレないように「灯り」で工夫して、「カメラ」もALSOKの「アルボeye」なら取り付け工事が不要だから賃貸住宅でもすぐに使えるわ。外出先からスマホで操作ができるし、暗闇でも室内を確認できるのは安心ね。
アイコン
あかおにの「お」、「音」といえば…。2人とも「防犯ブザー」、ちゃんと持ち歩いてる?
アイコン
うん、持ってるよ! ランドセルのここに、あれ、なーい? お友だちに見せてあげて、それから…。
ダメじゃないか。ぼくは、すぐ鳴らせるようにランドセルのベルトに付けているよ。でも、どうやって使うんだっけ?
アイコン
アイコン
ぼっちゃん、じょうちゃん、それでは防犯ブザーを持っている意味がありマセン! ママも「持たせたから安心」ではダメデス。
せっかくの機会なので、改めて防犯ブザーの「選び方」や「注意点」などをおさらいしまショウ!

防犯ブザーの選び方・注意点

●選ぶときのポイント

鳴らしやすい
子どもの力で無理なく鳴らせるものを選びましょう。


音量が大きい
85dB以上の音量があることを確認しましょう。


装着しやすい
ランドセルのベルトに付ける、首からかけられるなど、見えやすく、使いやすい位置に装着できるものがおすすめです。

●購入後のポイント

定期チェック&練習
電池が消耗してくると音が小さくなります。いざという時に使えないということがないよう、
定期的に音が出るか電池があるかなど、使い方も含めて点検しましょう。


お子さまへの防犯教育
犯人は、「防犯ブザーを使わせない」ように誘い出す手口を使います。
犯人に騙されないようにする教育も、日頃からくりかえし行うようにしましょう。

これからは「点検日」を決めて家族みんなで確認するようにしなくちゃ。
アイコン
防犯対策も、うがいや手洗いと同じ大切な生活習慣のひとつデス。
でも、一番不安なのは「非常事態」にどう対応できるかなのよね。子どもたちにケータイを持たせても、連絡を受けて“すぐに駆けつけられる距離”にいるとは限らないし。居場所を探すのも大変よね。
女性だと不審者に立ち向かう勇気を持ちにくいから、「駆けつけてくれる存在」がいてくれたらすごく心強いなって思うわ。
アイコン
アイコン
犯罪を「未然に防ぐ」こと、犯罪に遭遇した時に「身を守れる」こと。防犯対策は、やはりこの2つが重要なポイントデス。
そうは言っても、なかなか難しいのが現実よ。
そうそう。できることなら、専属のSPとかたくましいボディガードを雇いたいくらい(笑)。
アイコン
アイコン
みなさん! 保険やネットのセキュリティ対策にはさまざまなサービスを利用するのに、なぜ命の危険に関わる家族や住まいの防犯対策は二の次なんデスか?
ほ、保険? そうか、防犯のプロに見守ってもらうという対策も、まさかに備えた保険のようなもの…。
アイコン
つまり「ホームセキュリティ」ね! でも、サービス内容や手軽さ、そして何よりも料金が気になるわ。
アイコン
時代のニーズに合わせて、ホームセキュリティのサービスやシステムはどんどん進化していマス。そこでご紹介したいのが、侵入窃盗に高い効果を発揮するALSOKの「ホームセキュリティ」、そしてお子さまや高齢者の行動をモバイル端末で見守る「まもるっく」デス。
ご家族とお住まいの安全安心を
24時間365日体制で見守る
お子さま・高齢者の
見守りサービス
マンションや戸建てなどの一般家庭に
最適なセキュリティシステムを搭載
大型住宅(二世帯・店舗併用など)に
対応した高度なセキュリティシステムを
搭載
「緊急通報」も「通話」も
簡単操作!
充実の見守り機能を搭載
スピード駆けつけ
〈全国約2,400カ所の待機場所から急行!〉
お買い上げプラン 料金例
※別途、機器費等が発生します。
月額3,500円(税別) 月額4,300円(税別) 月額1,100円(税別)
【主なサービス・機能】
●侵入・火災・ガス漏れ感知
●非常通報
●鍵の閉め忘れ通知
●ライフリズム異常通知 ほか
【主なサービス・機能】
ホームセキュリティ Basicの充実機能は
そのままに
●画像確認サービス(※オプション機能)
●二世帯住宅、店舗・事務所併用住宅
 に対応 ほか
【主なサービス・機能】
●緊急通報/転倒感知
●現在位置検索
●通話機能
●ブザー鳴動 ほか
「ホームセキュリティ」って、想像していたよりもずっと手軽に導入できるのね。ご近所さんにも教えてあげなくちゃ。
夜道を歩く時も、「まもるっく」があればものすごく心強いわ。しかも夜間に限らず、24時間365日いつでもガードマンが駆けつけてくれるのね。
アイコン
すごいね、これ。「まもるっく」ってこんなに小さいのに通話ができるんだ!
アイコン
アイコン
まだケータイはダメっていっていたけど、ママこれならいいでしょ〜。
そうね。子どもたちのもとにガードマンが駆けつけてくれると思うと、安心感が全然違うわね。シンプルで無駄のない機能と操作方法だから、おじいちゃんにもどうかしら。
アイコン
「あ・か・お・に」と「ホームセキュリティ」。2つの防犯対策を、ぜひ活用してみてくだサイね。
気になった時、思い立った時が、始め時ね!防犯対策のコツ、犯人が大嫌いな「あ(灯り)・か(カメラ)・お(音)・に(二重)」で、わが家もさっそく犯罪を寄せつけない住まいづくりをはじめました。もちろんプロのサービスも導入。家族のもとに“駆けつけてくれる”という大きな安心は、今の時代には心強いものね。

コラム一覧

コラム一覧
侵入被害だけじゃない「空き家」の問題とは?

更新日:2017.3.1

3月のある日。あんしん家族が何やら大騒ぎ! お父さんの転勤が決まって、マイホームをしばらく留守にしなければならないようです。住まいの手入れなどを気にするお母さんですが、問題はそれだけではありません。悪質な犯罪に利用されかねない「空き家」の問題と対策を特集します。

ためしてALSOK
“地域の絆”を活用した新発想の認知症対策を実際に体験してみました。

更新日:2017.3.15 NEW

社会の高齢化とともに、認知症を持つお年寄りの徘徊が問題となっています。そんな社会が抱える課題と向き合い、ALSOKが開発した新たな見守りのカタチ「みまもりタグ」。