女性活躍推進法に基づく取り組み

行動計画

 ALSOKは、女性が能力を十分に発揮し活躍できる職場環境を整備するため、次のとおり行動計画を策定し、各種施策に取り組んでいます。

綜合警備保障株式会社 行動計画

女性が管理職として活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間
2016年4月1日〜2018年3月31日
2. 当社の課題

(1)採用における男女の競争倍率、男女の勤続年数に大きな差は見られないが、管理職に占める女性割合が低いことから、より女性の感性を活かした会社施策の実現を促すために有望人材の発掘に努める必要がある。

(2)上記課題の改善のためには、女性社員の意欲向上を促すとともに、制度的問題(長期間の集合研修等)を改善する等の施策を講じ、管理職を目指す女性を増加させる必要がある。

(3)長時間労働により仕事と家庭の両立が困難になることが社員の昇進意欲に影響し得ることから、限られた時間の中で集中的かつ効率的に業務を行う職場環境を形成する必要がある。

3. 目標、取り組み内容および実施時期

経営指針

<取組内容>
●2016年4月〜 有望人材発掘のため、各種公募・人事部面談・所属長推薦等の各種施策の更なる推進を行う。
●2016年4月〜 キャリアアップへの意欲啓発のため、集合研修の実施時期・方法等の見直しを検討する。
●2016年7月〜 具体的な目標となる人物像を印象付けるため、女性管理職と女性社員の対話会を実施する。

経営指針

<取組内容>
●2016年4月〜 ノー残業デー週2日制を徹底し、事業所への指導を強化するなどして、所定外勤務の削減に取り組む。
●2016年4月〜 各職種(とくに事務職)の技能を評価するしくみを構築し、個人の生産性向上を図る。
●2016年4月〜 在宅勤務(事業場外みなし労働時間制)を試行導入し、本格導入に向けての課題を整理する。

※長時間労働是正に向けた取り組み:週2日のノー残業デーを継続的に実施する。

以上

女性の活躍に関する情報公表

ALSOKにおける女性の活躍状況等は次のとおりです。

  • 採用した労働者に占める男性・女性労働者の割合
    男性 女性
    正社員 85.1%
    (62.6%)
    14.9%
    (37.4%)
    嘱託員 100.0% 0.0%
    パート 5.3% 94.7%

    ※()内は警備職以外(営業職・技術職等)としての採用

  • 男女別の採用における競争倍率
    男性 女性
    正社員 4.1倍 3.9倍
    嘱託員 2.1倍
    パート 1.3倍 1.0倍
  • 労働者に占める男性・女性労働者の割合
    男性 女性
    正社員 91.0% 9.0%
    嘱託員 93.0% 7.0%
    パート 8.2% 91.8%
    派遣社員 32.9% 67.1%
  • 平均勤続年数
    男性 女性
    平均勤続年数 15.4年 13.8年
  • 9〜11年前に採用された労働者の継続雇用割合
    男性 女性
    継続雇用割合 54.3% 47.0%

    ※新規学卒者のみ

  • 育児休業取得者数
    男性 女性
    正社員 3人 54人
    嘱託員 0人 0人
    パート 0人 0人
  • 一月当たりの平均残業時間(管理・営業部門)
    全体 16.8時間
    正社員 17.0時間
    嘱託員 6.3時間
    パート 3.2時間
  • 年次有給休暇取得率
    半日単位の取得を可能とする等、
    年休取得を推進しています。
    42.0
  • 女性管理職比率
    2018年4月1日までに5%以上とすることを目標としています。
    3.2
  • 女性係長比率(管理・営業部門)
    女性の配置が多い管理・営業部門においては、女性の活躍が進んでいます。
    11.5
  • 男女別雇用形態の転換の実績
    男性 女性
    嘱託員正社員 1人 0人
    パート正社員 2人 0人
    派遣正社員 0人 0人
  • 男女別の正社員としての中途採用の実績
      男性 女性
    中途採用実績 1人 0人

    ※30歳以上の者に限る

更新年月日:2016年3月18日